スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出エジプト6:9 モーセに聞こうとはしなかった 2-27

IMG_5177-2-b-t.jpg

 「モーセはこのようにイスラエル人に話したが、彼らは落胆と激しい労役のためモーセに聞こうとはしなかった。」
出エジプト6:9

 部屋でも野外でも良いのですが、一度録音することを勧めます。そうすると、様々な音が入っていることに気づきます。人間の耳は、全てを取り込むことが出来ますが、脳において好ましくない音を取り除いたり必要ない音などを無視します。

 イスラエルの民が聞いたことばは、前の節に書かれています。
「わたしは、アブラハム、イサク、ヤコブに与えると誓ったその地に、あなたがたを連れて行き、それをあなたがたの所有として与える。わたしは主である。」6:8

 「ただで上げます。」と言われて、大喜びする人もあれば、何か魂胆や悪意があると警戒する人もいるように、神のことば・約束を聞いてもその人の心の状態によって、救いにもなるし単なる慰めに過ぎない、いやそれどころか自分自身を喪失することに違いないとさえ判断します。

 イスラエルの民にとって、神のことばを遮断させたものは、落胆と激しい労役でした。
 そして、これは私たちにも共通します。
 聞くためには、単に注意してよく聞くだけでなく、自分自身の心の状態をよくよく点検しなければならないのです。

 深い悲しみ・苦しみの中にいる人ほど、神のことばは魂の救いと開放へと導かれるはずなのに、多くの人がなおも続けて聞こうとせず、従わない原因は語り手ではなく、聞き手の内面に妨げがあるのです。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

t.family

Author:t.family


SEOリンク


高槻ファミリーチャーチ牧師 吉田修三
聖契神学校卒業後、20年間岡山で牧師を勤めました。妻、長男、長女の4人家族ですが、長男と長女は就職でともに県外にいます。パピヨンの犬と共に、夫婦二人で生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。