スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出エジプト6:6 あなたがたを贖う 2-26

IMG_1415-3-a-t.jpg

 「それゆえ、イスラエル人に言え。わたしは主である。わたしはあなたがたをエジプトの苦役の下から連れ出し、労役から救い出す。伸ばした腕と大いなるさばきとによってあなたがたを贖う。」出エジプト6:6

 「わたしは主である。」 このことばは、モーセ五書で少なくとも25回用いられています。
 そして、神である主は巨大な国家エジプトの苦役から連れ出し、労役(口語訳では奴隷の務)から救い出すと、契約の故に宣言されます。

 「贖う」 このことばは、レビ記に最も登場し、ルツ記にも用いられますが、創世記48:16の使い方を除けば出エジプト6:6で初めて使われています。ルツ4:10 ヨブ19:25 
 代価を払って買い戻すこと。この贖うことは、旧約聖書だけでなく新約聖書においても重要な用語の一つです。

 レビ記において、動物の血を流して人の罪の贖いとすることは、新約のイエスキリストによる十字架上でのすべての人の罪の贖いに通じます。「また、血を注ぎ出すことがなければ、罪の赦しはないのです。」ヘブル9:22

 神である主は、イスラエルの民を贖うために、エジプトに対して大いなる裁きによって贖うと宣言されました。
 救いにおいて、裁きと贖い、血を流すこととは深くつながっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

t.family

Author:t.family


SEOリンク


高槻ファミリーチャーチ牧師 吉田修三
聖契神学校卒業後、20年間岡山で牧師を勤めました。妻、長男、長女の4人家族ですが、長男と長女は就職でともに県外にいます。パピヨンの犬と共に、夫婦二人で生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。