スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出エジプト3:14 わたしはある 2-15

IMG_4582-2-b-t.jpg

 神はモーセに仰せられた。「わたしは、『わたしはある。』という者である。」また仰せられた。「あなたはイスラエル人にこう告げなければならない。『わたしはあるという方が、私をあなたがたのところに遣わされた。』と。」出エジプト3:14

 モーセはイスラエル人に対して、遣わしたものの名を聞かれた時のために、神に尋ねたのですが、その答えが「わたしはある」と言う名でした。

 英語では、I am who I amですが、これは過去に存在し、今も、そしてこれからも存在し続けることを意味します。
私は今は存在しますが、遠い昔には存在しておらず、100年後1000年後には間違いなくいません。
 このような名を持たれる方は、唯一・絶対・無限なる創造主であられる神ご自身しか該当しません。

 新約聖書の福音書には、イエスキリストが度々このように答えられました。日本語では気づきにくいのですが、「わたしはいるのです」等の表現です。英語では、I AM.或いはI Am.です。
 これは、出エジプトの3:14に書かれた「わたしはある」を指し示しています。ユダヤ人がイエスを亡き者としようとしたのは、創造主しか使うことの許されない名をイエスキリストが使い自らが神であると表明したことにありました。
 イエスキリストをメシア、神の御子と信じることが出来なかったユダヤ人は、神を冒涜するものとしてイエスキリストを殺そうとしたのです。

 「わたしはある。」この語は、とても重要です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

t.family

Author:t.family


SEOリンク


高槻ファミリーチャーチ牧師 吉田修三
聖契神学校卒業後、20年間岡山で牧師を勤めました。妻、長男、長女の4人家族ですが、長男と長女は就職でともに県外にいます。パピヨンの犬と共に、夫婦二人で生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。