スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨブ記13:23 私の不義と罪とはどれほどでしょうか 18-16

04-12-3-48-t.jpg

 「私の不義と罪とはどれほどでしょうか。私のそむきの罪と咎とを私に知らせてください。」ヨブ記13:23

 ヨブは12章に続いて、ヨブを非難するツォファルに反論します。
 「あなたがたの知っていることは私も知っている。私はあなたがたに劣っていない。」13:2
 「ああ、あなたがたが全く黙っていたら、それがあなたがたの知恵であったろうに。」13:5
 「あなたがたは神の代わりに、なんと、不正を言うのか。神の代わりに、欺きを語るのか。」13:7
 「神があなたがたを調べても、大丈夫か。あなたがたは、人が人を欺くように、神を欺こうとするのか。」13:9

 言われたことなどは自分は理解している、言っているあなたこそ大丈夫かという反論です。
 しかし、対神に関しては、
 「神もまた、私の救いとなってくださる。神を敬わない者は、神の前に出ることができないからだ。」13:16
 とあるように、神を認め続けますが、
 「呼んでください。私は答えます。あるいは、私に言わせ、あなたが私に答えてください。」13:22
 と神が答えることを求めるのです。
 そして、23節でも自らの罪を認めているようですが、それ以上に神が自分に答えてくれない事への不満を見ることが出来ます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

t.family

Author:t.family


SEOリンク


高槻ファミリーチャーチ牧師 吉田修三
聖契神学校卒業後、20年間岡山で牧師を勤めました。妻、長男、長女の4人家族ですが、長男と長女は就職でともに県外にいます。パピヨンの犬と共に、夫婦二人で生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。