スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルツ1:5 ふたりの子どもと夫に先立たれてしまった 8-1

IMG_1205-3-b-t.jpg

 「しかし、マフロンとキルヨンのふたりもまた死んだ。こうしてナオミはふたりの子どもと夫に先立たれてしまった。」ルツ記1:5

 聖書で女性名がついているのは、エステル記とルツ記です。年代は紀元前1150年頃です。ききんのため、ユダのベツレヘムから、モアブの野に滞在した妻ナオミは、夫のエリメレクを失います。二人の息子マフロンとキルヨンは、モアブの女オルパとルツを妻に迎え約10年住んだ後、ふたりもまた死んでしまいました。

 ナオミには、まず飢饉という肉体的な苦しみがありました。そのために、神の約束の地から離れて、イスラエルとは血縁関係ながら、「罪に汚れたモアブ人」の地に移ったことは、信仰的(霊的)な苦しみをも味わうこととなります。

 それだけではなく、夫と二人の息子を失い精神的な苦しみを受けました。いわば、三重苦を味わったのです。
 神の約束の地を離れ、宗教的に異なる所に行ったことが苦しみの原因でした。
 私たちは、神が定められた所から離れてはならないのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

t.family

Author:t.family


SEOリンク


高槻ファミリーチャーチ牧師 吉田修三
聖契神学校卒業後、20年間岡山で牧師を勤めました。妻、長男、長女の4人家族ですが、長男と長女は就職でともに県外にいます。パピヨンの犬と共に、夫婦二人で生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。